出力が弱い割に音がうるさい

最近は高性能の家庭用脱毛器が次々と出てきたおかげで、自宅に居ながら脱毛サロン並みの脱毛ができるといわれています。高性能の家庭用脱毛器の本体価格はそれなりに高額ではありますが、1台で全身が使えること、また家族みんなで使うことも可能なため、脱毛エステやクリニックに通うよりは経済的と感じる人は少なくありません。

ただ、家庭用脱毛器にはデメリットもあります。そのひとつは、音がうるさいということです。家庭用脱毛器は、家庭でも安全に使えるようにするために、出力レベルがかなり弱く設定されています。ですから、脱毛パワーは弱いので、効果が表われるまでには長い期間がかかります。

しかし、その割にはファンの音が結構うるさいという声も多く聞かれます。そのため、夜お手入れに使うと近所迷惑になることも少なくありませんし、木造アパートなどは近隣に迷惑になるため、昼間でも使うのが難しいということもあります。

故障や初期不良品などのリスク

家庭用脱毛器の気になる点として、故障や初期不良品などのリスクがあるということです。ほとんどの家庭用脱毛器は、1年保証などがついているので、初期不良の場合は交換してもらえたり、無償で修理してもらえたりすると思いますが、もし保証書がないと対応してもらえないということもあるので気を付けなければなりません。

また、初期不良はなくても、保証期間が終わった後に故障してしまうこともあります。思うように脱毛ができていないのに故障してしまったら、それこそ脱毛サロンなどに通うよりも高額になってしまいます。家庭用脱毛器を購入する時は、1台で全身の脱毛をするために長く使い続けることを考えている人も多いかと思いますが、電化製品であるために壊れるリスクもあるという点を覚えておきましょう。

カートリッジの寿命がある

「家庭用脱毛器=経済的」と思い込んでいる人は多いのですが、実は意外とランニングコストがかかります。
その1つがカートリッジです。家庭用の光脱毛器は、本体が故障するまで使い続けることができるものの、カートリッジは定期的に交換する必要があります。

カートリッジの料金は5,000円~10,000円程度と結構高いため、そのようなコストを考えると、思ったよりも家庭用脱毛器はコストがかかるということに気付く人も少なくありません。
カートリッジの交換時期の目安については一概に言えず、照射時の出力レベルが高いほどカートリッジの消耗が早くなり、出力レベルが低いほどカートリッジ交換までに照射できる回数は多くなります。ただし、出力レベルが低すぎると脱毛効果がなかなか表われないということもありますので、出力レベルが低すぎるのがエコになるということでもありません。

また、カートリッジの交換が要らない脱毛器もありますが、その場合は本体のバッテリーを交換する必要が出るものもあります。バッテリーの交換は約2年毎となっており、値段も20,000円程度とかなり高いため、バッテリー交換はやめて脱毛サロンに通う方がいいと感じる人も少なくないようです。

範囲が広いほど面倒&手が届かない部位も

家庭用脱毛器によっては、1回の照射範囲がかなり狭く、脱毛するのがかなり大変ということもあります。そのため、両ワキ脱毛やVラインの脱毛くらいなら問題ないものの、腕全体やヒザ下・ヒザ上などの広い範囲の脱毛をしようとすると、かなり根気が要ります。時間もかかりますし、腕も疲れるため、家庭用脱毛器での広範囲の脱毛はあきらめたという人も少なくありません。

また、自分で脱毛すると手が届かない部位もあります。背中や太ももの裏側なんかがそうです。とくに背中は脱毛前の事前処理としてムダ毛を剃ることも難しいため、脱毛器を使って自分でお手入れをすることはできません。

1台で全身の脱毛ができるので、トータルで考えると安くつくと言われている家庭用脱毛器ですが、こうして考えると、全身の脱毛に使えているという人はそう多くはないはずです。脱毛器を購入したものの、思うように脱毛ができなくて後悔しているという人も少なくありません。

脱毛サロンでプロにやってもらうのがいろいろと安心

自宅で脱毛サロン並みの脱毛ができるとウワサの家庭用脱毛器ですが、このように気になる欠点も複数あります。経済的と思われがちですが、実は維持費もそれなりにかかりますし、故障などのリスクもあります。また、家庭用脱毛器を使って自分で全身の脱毛をやるのは、なかなか根気がいることですし、手の届かない部位もあるので無理なのが実情です。

ですから、脱毛サロンでプロにやってもらう方が何かと安心です。脱毛サロンなら脱毛器の故障の心配もないですし、気になる部分はプロの手でキレイに処理してもらえます。毛の質や肌質などをみながら、肌に負担のかからない方法で効果的な脱毛周期についても考えてもらえますから、効果も出やすいというメリットもあります。
また、施術料金についてもキャンペーンなどを利用すればビックリするくらい安く脱毛することができますから、トータルで考えると家庭用脱毛器よりも安くなるということが少なくありません。